埼玉YMCAの沿革

 1973年任意団体として大宮YMCAが設立され、翌年浦和YMCAが誕生し、

合併して埼玉YMCAが創立されました。1980年には財団法人格を取得して

「財団法人埼玉YMCA」となり、1987年に所沢センター設立、1988年に川越

センター設立と拠点を増やし、2013年には公益法人法の改正に伴う移行を経て

「公益財団法人埼玉YMCA」となりました。

 

 現在は、浦和・所沢・川越の3つの活動拠点に加え、所沢市立こばと児童館を

指定管理者として運営しており、埼玉YMCAの使命に基づいて、青少年育成と

その指導者の育成を柱とし、地域の方々と共に様々な活動をしています。

 

 幼児教育、健康教育、国際語学教育、特別支援教育、野外教育、放課後児童健全育成、地域協働などの働きを通して、ボランティアや地域の方々と共に、

 

 「互いを認め合い高めあうことができる『ポジティブネットのある豊かな社会』の 

 創造」を目指して、世界を見つめて地域に生きる活動に取り組んでいます。

埼玉YMCAの使命

私たち埼玉YMCAは、イエス・キリストによって示される愛と奉仕の教えに基づき、

すべての人々の全人的な成長を願い、地域に根ざし、以下の働きを行います。

<ボランティア>

 

私たちは、人の痛みを感じとり、隣り人となって地域社会で働くことを喜びとします。

<生涯の学びの場>

私たちは、生涯をとおして共に学ぶことの喜びにふれ、成長することのできる実践の場を開拓します。

 

<環境>

私たちは、あらゆる自然とかけがえのないいのちを尊び、守り育てる生き方をします。

 

<平和と国際交流>

私たちは、世界中の人々が互いを認め合い尊重し、共に平和な世界を築く働きを進めます。

 

​<支えあう心>

私たちは、人々の心と心の交流をとおし、未来を信じてゆける豊かな地域社会を築きます。

© 2021 by saitama ymca